RSS | ATOM | SEARCH
辛い人生

小生がこのような身体障害者になるまでは、家の事は全て小生が行っていたのです👨 例えば家についている全ての電球の交換。トイレなどのドアノブの修理・交換。

 

水回り関係浴室等の蛇口の修理・交換。畑での野菜作り、庭の花壇や植木の世話以外は全て小生の仕事だったのです👍

 

しかしこの体になって出来ることは一つも無くなったのです😰なのでドアノブは建具屋さんにお願いをして水回りは知り合いの水道屋さん電球の交換は・・・何度も交換しなくて良いようにLED電球にしたのに3度目の交換だ。

 

他は大丈夫なのだけど門灯のLEDは本当によく切れるよ😨 門灯が我が家で2番めに交換が大変なのですぐLEDにしたのになぁ・・・・・

 

実は門灯の交換は妻が数回挑戦をしたがカバーが固くて回らなく断念をした。それで悪いとは思いながら小生の弟にお願いをしたのです。

 

弟も今では会社社長で第一線からは退いているが、むかしは第一線で活躍をしていたので門灯の電球交換くらいは朝飯前なのです。

 

(朝飯前か晩飯前かは小生の勝手な考えだけど・・・)

 

なので家の中のことも全て自分で解決をしていた小生は人に頼らなければならなくなった今が辛くて辛くてたまらないのです😰

 

 

にほんブログ村 介護ブログ 身体障がい者へ

author:与太郎, category:独り言, 09:18
Comment
同じです。全く何もできなくなりました。プロに頼むことも増えましたし、近所の人、散歩で知り合った人等様々な人に今は頼っています。ですがそれによって人間関係が広がったように思います。会話することも増えました。
meganesaru707, 2018/07/31 3:45 PM